上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
IMAG2949 (1)

日曜日に富士山方面経由で八ヶ岳南麓に行ってきました。
雲の中に浮かぶ富士山を見て、嬉しくなるのはなぜでしょうね。
何か、ラッキーな気分になります。
富士川沿いに南アルプス市に。
ちょうどサクランボ狩りの季節です。
久しぶりに夫と娘の休みが重なったので、どうしてもどこかへ行きたくなったようです。夫が。
それで、サクランボ狩りはどう?ってことを私が下調べして出かけたのですが、娘が
私は種のあるもの嫌い、知ってるでしょ~!って。汗
そう、そういえば、梅干しも嫌いだし、そうだったね。がっくり。
仕方ないので、サクランボ祭りという催し物があるとネットで知っていたので
そこへ行ってみることに。
IMAG2950.jpg

この日、積乱雲が真夏のようにもくもくとする、真夏日に。
この炎天下なのに、駐車場から出ている送迎バスに乗るために、40分ほど並び、やっと会場に着いたら
そんなに並んでまで参加する催しではなくて、町内の祭り?
イカ焼き、焼きそば、フランクフルトの屋台など、広場で賑やかにやっていて、演歌歌手の歌があったり
うん、これは県外からくるほどのものでは無いと、現地で知りました。笑
サクランボも特に安いというものでは無いけれど、サクランボが好きな私としては、お土産に買いました。
そこの屋台の中で、青年部がやっていた、山菜蕎麦がとってもおいしかったので、とりあえず、OK.

そこから、八ヶ岳南麓のミーシャさん宅へ。
薔薇の庭とリバティ小屋を見せていただき、リバティの沢山の布作品、ドレス、シャツ、コート、はもちろん
とてもかわいい、布箱の数々。うっとりです。
洋服のデザインと布合わせは、どれも違ってどれもいい。
でも、不思議と一番はじめに気に入った布地が落ち着くものですね。
作品にしたらどれも好きってなりそうです。
美味しいコーヒーにお菓子を頂き、沢山お話ができました。
ベリーくんにも初めて会えました。
さて、時々雨がふってきたり、晴れたりのお天気でしたが、晴れてきたのでスモモ園へ。
スモモの畑にいろんな花が咲いていて、圧巻はこれ、オルレア。
天の川のように、とっても沢山咲いていて、抱えきれないほど、オルレア狩りを。
なんと贅沢な気分。

IMAG2951.jpg

そのあと、ミーシャさんに教えてもらったミヨシ ペレニアルガーデンに。
地元では見かけない種類の豊富な園芸店に隣接したガーデンが素敵でした。
そこに、このオルレアが一株200円で売られていました。うん?私たち、どれだけ狩って来ちゃったのかしら?
贅沢なオルレア狩り。サクランボ狩りはできなかったけど、ここで贅沢させていただきました。感謝です。
その後、久しぶりに八ヶ岳アウトレットに行ってみましたが、前回とほぼ変わらず。
高低差のある立地なので、散策気分でいい運動にはなりました。
清里の牛乳で作ったヨーグルトとソフトクリームはおすすめです。
なんだかんだと、日帰りなので日暮前に帰路に。
帰路は愛知県まわり。
500キロは走ったと思います。ずっと夫が運転でしたので、感謝~!


。。。。。。。。。。。。。。

IMAG2952.jpg

line
木曜日、浜名湖花博に行ってみました。
花博水路脇

綺麗にたくさんの花が植栽されています。こんな景色を見ながら、一番奥にあるモネの庭に水上バスで移動。

水上バス

時間があればゆっくり歩くといいのですが、奥大井から帰った日の午後に思い立ち出かけたので、船でショートカット。
この日は曇なので、花色は綺麗に見えると思ったのでした。でも、金曜日だと暴風だったので正解。暑くもなく、気持ちよく見ることができました。

紫ばら

紫系の庭

紫系のスプレーバラ

ジャーマンアイリスもいろいろな種類があって、見本市のようです。

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

イエロー系

モネの庭イエロー系

こちらも紫系

紫系植栽

ブルー系繊細で好きです。

ブルー系植栽

ホワイト系

ホワイト系

あちこちに見事な誘引のつる薔薇


つる薔薇

IMAG2818.jpg

IMAG2819.jpg

IMAG2820.jpg

↓ こちらはモネの睡蓮の池を模したもの。

モネの庭の睡蓮の池

思い立って行くのは、思い立ったが吉日というから、いいことだと、今日も思いました。
晴天だと人ごみで見れないでしょうし、ちょっと肌寒いくらいの天気だったので、熱中症も心配要らずでした。
花博はここで前にもあったのですが、今回は規模が小さいのですが、植栽が根付き、自然観があっていい感じです。当初は間に合わせで置いた木って感じでしたから。
帰路はゆっくり花を愛でて歩き、老人が一緒でも無理ない、疲れない散策コースをチョイスして良かったし、喜ばれました。


line
機関車トーマス

水、木と大井川上流、支流の寸又峡までトレッキングに出かけました。ゴールデンウィーク仕事だった娘とふたり。
↑ ここは。大井川鉄道の千頭という駅です。
大井川鉄道は蒸気機関車が大井川沿いを走ることで有名です。夏休みは機関車トーマスが日本で初めて走るそうです。上の機関車はヒロという機関車のようです。ここにトーマスも加わるそうです。お子様、お孫さまのいらっしゃる方はどうぞ~!楽しそうなイベントですね。
さて、この千頭駅からさらに、奥大井の支流、寸又川方面へ。浜松から三時間近くかかります。
東名高速なら東京ディズニーランドへ着いてしまう時間です。
クネクネと茶畑の広がる山間地。寸又峡近くでは対向車がいたら、どうしよう、という、狭さ。
なんとか、無事、付き、すぐ靴を履きかえてトレッキング。100分コースを歩いてみることにしました。
寸又峡 カモシカ

このオブジェのようにカモシカの生息地。それだけならいいけれど、熊さんも出るみたいで熊捕獲器も道路片隅に置いてあるという、南アルプス赤石岳の近くです。鈴を一応用意してリンリンと音を出しながらの歩きです。と、言っても道路は整備されていて安全な初心者向き。でも、トンネル前で奇声を聞き、ドッキリ。恐る恐るトンネル内を覗いたら、大学生らしき人たちの奇声だと分かり、そのまま進むことに。

寸又峡 散策

寸又川が眼下に見えてきました。 ↑

寸又峡 夢のつり橋遠景

夢のつり橋も見えてきました。
ここから階段を沢山降りてあのつり橋まで行くことになっています。

エメラルドグリーンの川

川の色は ↑ この色が近いです。
さて、このつり橋を渡るにあたって、先ほどの奇声をあげている大学生たちが橋をゆらゆら、ガタガタと遊びながらの歩き。
どうやら先生らしき男性も一緒の様子。この橋は10名までしか乗らないでとかいてあるのに、あんなにはしゃぎながらだと危ないのでは?とちょっとちょっと~って思っていたら、その学生たちの行動はまだ可愛いものだと思えるような、カップルが対岸から走ってきました。このつり橋を全力疾走です。ドスンドスンとつり橋に負担をかけて、疾走してきたと思えば、また戻り、戻ったと思ったらまた、こちらに走ってきました。呆れてしまって、こちら岸に着いたときに「もっと静かに渡りましょう!」と落ち着いた口調で注意しました。呆れたカップル。小学生なみのの大人。その後、私たちが静かに渡りきると、そこに大学生グループがまだ居ました。彼等も先ほどのカップルを見ていました。私たちはまたつり橋を戻る、先の階段を上るか、迷いましたが、橋を戻っても相当な階段です。どっちもどっちだね、と会話していたら、大学生グループが階段をどんどん登って行きました。でも、その、どっちもどっちだねという会話を大学生グループは自分たちと呆れたカップルもどっちもどっちだねと思ったようで、その後は静かに静かに行動するようになりました。苦笑。ちょっとそれをねらって言ったのも確かです。笑^^ 
夢のつり橋

その階段は350段くらい。ちょっと近頃体調が良いので、なんとか息が続き、登りきりました。感謝感謝。
以前は息切れが酷くてダメでしたから、階段が登れて幸せです。

飛竜橋

飛竜橋を渡りぐるっと一周100分コースを歩き、心地よい汗で気持ちも良いトレッキングになりました。
そして、翆紅苑という旅館に宿泊。  
http://www.suikoen.jp/
この寸又峡温泉は美人の湯というキャッチフレーズ。入浴すると肌がつるつる。アルカリ単純硫黄線。
とっても気に入りました。冷たい川根茶の飲み放題です。リフレッシュです。

夕食は炉辺焼きのヤマメ、山菜、牛肉、ぶたしゃぶ、山菜などの前菜から趣向を凝らしたお食事で、満足。
炉辺焼きの夕食

寝る前にも一度温泉を楽しみ、朝ももう一度温泉。
そして朝食。この後にフルーツも出てきて、朝から久しぶりにしっかり食べました。

朝食

でも、歩いたし、温泉にも入ってちょっと締まったような、痩せたような。新陳代謝がよくなったのだと思います。
温泉に入りながら、脹脛マッサージとかアキレスケン、つま先伸ばし、大腰筋など、いつもヨガで習っていたるような動きものんびりやったので、トレッキングの疲れは全くありませんでした。
夜半は雨の音で目が覚めるほど降りましたが、お会計を済ませ、外に出たら青空が。

5/15 雨が上がり

はやくも夏山のようです。
ああ、良かった、雨で前も見えないような細い山道は嫌だなと思っていたので、晴れてラッキー。
その後、また大井川沿いの山道を戻って下の町方面を行くと、気になっていたお店に。

薔薇の家のお菓子屋さん

どうやら、お菓子屋さんのようです。

薔薇

駐車場まわり、びっしりと薔薇の花。

薔薇

サファリ
 
サファリという薔薇だとの事。 オーナーの女性に声をかけると週一で消毒散布しているとのこと。さすがです。
ここには有名な和菓子がありました。御餅の皮の中に、こしあん。こしあんの中に生クリーム。観光バスのガイドさんから運転手さんまで降りてきて買って行きました。試しに買ったら、上品な味で美味しい。この店構えはお菓子作りにも通じる物があるのだなと、。
そして、正午には帰宅して、家の庭のお手入れ花ガラ摘み。そして、義父たちを花博に午後は連れてでました。
その写真はまた、次に。

ポタジェもスナップエンドウを夕方抜いて、最後の収穫をしました。
ジャガイモはまだ花がやっと咲き始めたところ。さて、空いたスペースは何を植えましょうか。
やる事は沢山あるのですが、金曜日は義母のお買いもの、母の病院送迎となにかと用事があるので、庭はちょっとづつ、手入れです。


line
火曜日、フラワーパークにお花見に。
平日だから空いているだろうって思ったのですが、大渋滞。
晴れたのもつかの間、また雨が降るって事で、お花見するなら、今でしょうはみんな一緒ですね。
1396448317226.jpg
青空の下ポカポカ陽気で桜は満開でした。
1396448317515.jpg
菜の花も目が眩むほどの鮮やかさ。
1396448317474.jpg
♪どの花見ても綺麗だな~♪
一年のうち、この花が見られるのは長くて一週間くらいでしょうか。運が悪いと雨と風ですぐ散ってしまう事も。
やはり、桜は晴天の下で見るのが一番ですね。
曇り空だとなんとなく、花冷え、寂しい。ましてやライトアップの桜は妖艶過ぎて怖い。こうして陽光の下、青い空に揺れる花が一番好きです。覚えきれないほどの品種があって、フラワーパークの桜は一段と華やかで見事でした。
桜のにぎやかさに負けないくらいの見物客でしたが、一生懸命咲いた花もこれだけの人の気持ちに美を感じさせ、見て貰えて喜んでいるかもしれないと、ふと思ったり。
義父たちを連れての見物でしたが、健康ならではの桜見。老齢者ばかりでなく、人間は今をしっかり楽しまないと来年の桜が必ず見ることができると言いきれないと、震災以来思うのでした。また、昨年交通事故で突然、不慮の死を遂げた知人を思っても同じです。元気印の彼女はもう、この世の桜は見れないのですから。そんな思いも脳裏に過ぎった今年の桜見物でした。義父たちもちょっとづつ年老いてきましたから、とても喜んでくれました。息子である相方は仕事でいませんでしたが、嫁として、ちょっと役にたったかな?いろいろあったけど、近頃、こちらも年をとって丸くなり、思いやりの気持ちがもてるように。日薬という言葉がありますが、時間経過はそれなにり人間も変化すると思うこの頃です。


外の花ばかりに気を取られてばかりいては、我が家の花が可哀想。
気が付けば、早咲のミニ水仙は枯れて違う花が・・・・。

1396448357949.jpg 原種のチューリップが今年も咲き始めました。

1396448357981.jpg  1396448357860.jpg これ、紫蘭でした?笑
水仙も違う種類が。
1396457260571.jpg

1396457260732.jpg
水仙の名前はもう忘れました。ネットで検索して調べれば分かるのですが、きっとすぐ忘れるでしょう。でも努力を諦めるときっとボケるかもしれないから、あとで調べてみます。汗

1396448317672.jpg ← こちらは背丈に伸びたスナップエンドウ。
三寒四温と雨のおかげでここ一週間ですくすく伸びました。
写真が小さいのでわかりにくいですが、花がびっしり。収穫もそう遠くないでしょう。
ミニ大根や玉ねぎも一生懸命食べています。玉ねぎは甘くておいしい。
薔薇熱、クリスマスローズ熱も下がり、花より団子の庭になってきました。
1396448317576.jpg
鉢植えですが、あぶくまという桃とおどろきという桃の花が満開です。近いので受粉しちゃったりして。
ひとつでもいいから、なってくれるといいなあと思うのですが。
暖地性さくらんぼの実も膨らんできました。足早に4月も進んでいきそうです。
そうそう、数日前に草を沢山取ったのですが、また草があちこちから。汗
じっくり草取りしたいと思います。が、雨かな。



theme : ■お花が好き♪
genre : 趣味・実用

line
IMAG2423.jpg
IMAG2422.jpg

昨日、春めいた気温の中、友人に誘われてドライブとお買い物に。
車中は暑いくらいの気温で、でも、窓は開けると大気汚染気になるし・・・。
久しぶりに、後部座席でゆっくり景色を観ましたが、桃の花、梅の花が急激に開花して
とっても華やかに衣替えって感じのポカポカ陽気。
炭焼きをしている人を訪ねて隣の県まで行ってきたのですが、蜜柑の木が原料で
いい炭になるそうです。木の密度が高いので長持ちするとの事。
丁度、炭を掘り出しているところで、背を屈めて炭焼き窯にも入ってみました。
割ると硬質な音で割れるので、木琴ができそうないい音。
木酢液も灰もあるので、後日、自分の車で買いに行こうと思います。

その後、趣味人の風流な喫茶店へ。
古民家を利用した、趣がある店でしたが、見た目、どこにあるか分からない雰囲気
なので、お客さんが来ないから、電話代もやっと払ったよ、なんて、ご主人。苦笑
http://nicon.blog.shinobi.jp/
カフェ 爾今(にこん)さん
こだわりの珈琲を頂き、帰路へ。
途中の商店街にいいお魚屋さんがあるので、夕飯のお買いものを三名が車を降りると
IMAG2423.jpg
早!
桜が満開です。商店の壁にはり付いているから、きっと暖かさ独り占め。
もう、春が満開なんて、とっても嬉しくなりました。

line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。