スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

伊勢神宮とフェルメール展

 

 

「東北関東大震災」支援クリック募金 

↑ 一日一回クリックで一円募金

 

img6346df732sy3kg.gif

::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

久しぶりに思い立って

日曜日の朝に伊勢神宮に行ってきました。

朝、7時半には外宮に着き

玉砂利のサクサクする音を楽しみながら参拝。

空気は凛として

静謐な気配。

風の宮・多賀の宮・風の宮にも参拝。

早朝なのに人がどんどん増えていきました。

外宮はグレーの制服の方があちこちに居られ

神官が通るのでお待ち下さい的指示を受けることが多いですが

内宮では橋の手前の詰め所でしか見かけません。

宮内庁の管轄地なので参拝の人々の監視の為だと思いますが

森のあちこちに監視カメラがカモフラージュされてモニターされているらしいです。

さて、

次に内宮に・・・。

駐車場が満杯になり始めていました。

でも、この五十鈴川では爽やかな風~ԥ????ϡ

201106 005.jpg

御正宮参拝の後、荒祭宮へ行く途中に

御稲御倉(みしねのみくら)

というところでなにやら神官たちが6名ほど居られ

地面に茣蓙を敷き座っておられる方、御倉の鍵を開けようとしている方

それを見守っておられる方々・・・

閉めているのかとも開けているのかもとも分からないけど

通り過ぎずに手前で見守ることに。

どうやら鍵を開けておられる様子・・・

「テレビの鍵開け名人さんを呼ばないとダメかな?」

なんて思いながら見ていると

一人ではどうにもならないのか、もう一人も階段を登られ

必死の作業です。

前日の雨で湿気が木を膨らめてしまったのかしら?

長い時間をかけてやっと鍵が開きました。

えええ、あんなに大きな鍵だったのね。

ギィ~っという音を立てながら開くとすぐ厚い絹織物のカーテン(暖簾?)が

内部を守っているようで斜めから見ている限り

なにか、とっても荘厳な気配です。

そこへ神官がするりと中へ入られ、さらに中で同じように

「ギィ~」という扉の音。

これには驚きました。

さらに奥に何かあるのですね。

その後、中から木製の長方形の箱が二つ持ち出されました。

初めから外に辛櫃がひとつあってその箱を中に終うつもりが

二つは入らず、結局見守っておられた神官さんたちが

一つづつ社務所方面へ運んでいかれました。

鍵をまた閉め

茣蓙などたたみ、辛櫃を二人で背負ってその場を後にされました。

きっとお祭に必要な何かが出されたのでしょうね。

気が付けば周りに人山。

その後荒祭宮に向ったのですが、その道中には

決して踏んではならない敷石があるとか。

え~~知らなかった。

踏んだかな?

人が多いから場所を選んで歩けない。

以前、信長が短期間で作った安土城の階段にも踏まないほうがいい、

という階段の石があったのを思い出しました。

あまりに早く仕上げねばならないお城だったので

階段に使う石が足りないので

信長の命により墓石までも階段に利用されたのでした。

確かに墓名のある石があった記憶が・・・・。

しかし、ここ伊勢の内宮では、なぜ踏んではならないのか?

ただの迷信とか何かかな?

 

いつも思うのですが外宮は左側通行

内宮は右側通行

なにゆえ?

どちらにしても真ん中は神様の通り道なので

あまり歩かない方が良いそうです。

(ちなみにエスカレーターも東京と大坂では並び方違って混乱します)

お宮には鎮守の森と言って巨大な杉やヒノキなど

ご神木が多いです。

パワーを貰おうと木肌に手を当てている人が多いですが

これは木の為にはやってはならない行為だそうです。

心なしか、そういう人がいる、木肌は皮が剥げています。

 

参拝、お宮さんでは願い事はしない方がいいそうです。

「感謝の気持ちを伝える」

のが正式です。

何かお願い事をしたい人はお稲荷さんへ・・・。

お稲荷さんは念願叶うこと多いけれど

一度お参りしたら死ぬまでお陰参りを続けないといけないそうです。

そういえば、高野山の奥の院へお参りしたとき

お坊様のお話に

「弘法大師さまはこうしてお参りに来られた時は

家族を代表して立っていると思って、お参りに来られた幸せに

感謝をしましょうと仰っていますよ。」と。

お寺でも神社でもいいけど、お参りに出かけた折には

「合格しますように!」

などとお願い事ではなく

健康に、来られた事、家族が出してくれたこと、お参りできた事の、今

現状に

感謝の気持ちが大事なようです。

 

参拝がおわっておかげ横丁へ・・・。

岡田屋の伊勢うどんが食べたかったけど10時半からでないと

やっていないので

うろうろ時間つぶして、串のきゅうりの一本漬けやら

しいたけの天麩羅串とか

コンニャク入りレモンサワーなど口にしていたら

段々お腹が良くなって

岡田屋に戻った時にはなんと30人以上の人の列。

日も照ってきたので諦めて

萬金飴を買って、赤福のお店で赤福と抹茶かき氷を食べて

伊勢を後にしました。

 まだ正午なので

毎回、観てみたくても時間が無くて見れなかった

神宮徴古館へ・・・・収蔵資料はたくさんあってとても興味深い数々。

すぐまえには

倭姫神社もあって、ここも参拝できることがラッキーでした。

その後、豊田市美術館に寄って

「フェルメール展」

を観てきました。

世界に30数点の作品しか残っていないフェルメールですが

今回は地理学者の絵

地理学者.jpg

あら、リチャード・ギア?

着ている物は日本の着物・・・どてら?らしいです。

この絵の中に出ている地球儀・・・絵の中に描かれているものには

意味があり、知識とか裕福な家とか当時お金持ちが手にした毛織物

地図、丁度品、輸入して手に入れた日本の着物など。

同世代の絵がずらっとありますが、この時代の絵にはやはり意味があり

お酒や煙草・・が同時に描きこまれているとその人物の

人となり、性格まで意味しているとか。

先ほど伊勢の徴古館にあるものらしき展示物・・地球儀と天球儀も。

いままでフェルメールを東京に見に出かけたときには

絵の近くには絶対寄れない・・・人の山越しに流れに乗って観る感じでしたが

今回は目の前にしばらく居られるラッキーさ。

絵筆の動きまで感じられるほどでした。

17世紀の絵はどれも暗くて嫌いですが、フェルメールの作品は

どれも光が多くてとても精密。

今なら写真で済むのですが、当時の人たちには

夢の絵画だったのでは?

 

????ϡ

 

 



line

comment

Secret

Re:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

お忙しくても,ちょっと不調でも,こうやって出かけられるのに感心します。伊勢にはずっと昔行ったきりです。
一段落したらと思いますが,一段落させるのは自分自身ですね。

Re:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

フェルメール良いよね。
私も大好き。
東京で開催の時は すごい行列。
人気なんだね~

あ、踏んではいけない石 知ってる知ってる。
荒祭宮に向かう石段の途中だよね?
石の割れ目が 【天】とも【人】とも読める石だからだったかな…
お参りして 美味しいものいただいて 素敵な絵を鑑賞して…
素敵な一日だな~(*^。^*)

Re:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

今日はちょっとだけ距離が縮まったかしら?
伊那までおでかけだったのよ。
よいお天気でおでかけびよりでしたね。
リリーはお留守番だったけど、バロンもお留守番ね!

Re:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

昨秋にお伊勢さんにお参りしたのですが、
内宮だけで、外宮へは行けませんでした。

何時か外宮へもお参りしたいと思っています。

フェルメールをゆっくり見られたのですね。
あの、外を見ている様なポーズ、
一体何をみているのでしょうね?
手に持っているコンパスも気になります。
海洋図でも描いているのでしょうか?

私も、近くでゆっくり見てみたいです。

Re[1]:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

tirokuroさん
>お忙しくても,ちょっと不調でも,こうやって出かけられるのに感心します。伊勢にはずっと昔行ったきりです。
>一段落したらと思いますが,一段落させるのは自分自身ですね。
-----

私は近頃運転せず、隣に乗っているだけ・・いえ、寝ているだけっていうか。金曜夜中まで「どうでもいいや」って行く気が失せていたのですが、相方が乗り気だったので。
平行移動はなんとかですが、階段はマイペースです。背中押してもらったりって格好悪いなと思いつつ他力本願。
でも、風邪も治りきっていないのでマスクしてました。
月曜日は用事済ませてから溜まった庭仕事、庭に出て7時過ぎまで剪定などやってました。

Re[1]:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

AISYAさん
>フェルメール良いよね。
>私も大好き。
>東京で開催の時は すごい行列。
>人気なんだね~

>あ、踏んではいけない石 知ってる知ってる。
>荒祭宮に向かう石段の途中だよね?
>石の割れ目が 【天】とも【人】とも読める石だからだったかな…
>お参りして 美味しいものいただいて 素敵な絵を鑑賞して…
>素敵な一日だな~(*^。^*)
-----

そう、天と読めるとか。そう言えば不自然な場所の楚石に目が行ったような・・・ってことは、踏んだかも~~!!!泣
フェルメールは天然石、ラピスラズリやターコイズなど砕いて油と混ぜて絵の具にしていたから日本画に通じる何かがあるのかもね。

Re[1]:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

ミーシャ1225さん
>今日はちょっとだけ距離が縮まったかしら?
>伊那までおでかけだったのよ。
>よいお天気でおでかけびよりでしたね。
>リリーはお留守番だったけど、バロンもお留守番ね!
-----

伊那まで?何しに出かけられたのかしら?
バロンも勿論お留守番ですが、寂しいといけないので
賑やかしにラジオを付けていきます。果たして効果あるかどうかは分かりませんが。

Re[1]:伊勢神宮とフェルメール展(06/14)  

Rilla-my-rillaさん
>昨秋にお伊勢さんにお参りしたのですが、
>内宮だけで、外宮へは行けませんでした。

>何時か外宮へもお参りしたいと思っています。

>フェルメールをゆっくり見られたのですね。
>あの、外を見ている様なポーズ、
>一体何をみているのでしょうね?
>手に持っているコンパスも気になります。
>海洋図でも描いているのでしょうか?

>私も、近くでゆっくり見てみたいです。
-----

順番的には外宮~内宮ですね。外宮は規模は小さいけど
威厳を感じます。1のつく日に出かけると8~9時頃に
神馬の参拝シーンが見られます。感動します。
フェルメール展は神戸や大坂、京都でも展示があるのではないかしら?神戸にクリムトを見に行きましたが、本物って見るのは大事ですね。本に印刷されているものだと大きさが分かり難いです。クリムトの作品の大きさにびっくりしましたし、ゴッホは精神病だったというけど、色がとっても綺麗でピュアな人柄がこの世を生き難くしていたのではと、本物を観ると思い込みが吹き飛びます。
line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。