スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

古代コンクリートって!

 

Ҥ褳

先日、知ったことですが

古代コンクリートの存在です。

それは、なんと、古代ローマの建築で、多くの方がご存知の

コロッセオや水道橋など大規模な建造物にコンクリートが用いられていた

と言うのです。Ӥä

え?あれって石材ではないの?

石切り場から切り出して

運んで、積んで・・・造ったのではないの?

大理石とか・・・。

現代の科学が進んでいるという

固定概念が吹き飛びました。ʤ


建築資材としてのコンクリートは今では当たり前

ビル建築には欠かせない材料

今あるようなセメント・コンクリートは

19世紀のイギリスで開発され

鉄筋との組み合わせでビル建築の構造材の

主流となったもの。

しかし,約2,000年前の"古代コンクリート"は

現在のものとは少し異なるようで

 当時,ローマ帝国には「ポッツォーリの塵」と呼ばれる火山灰が降り積もっていて

ポッツォーリとはナポリ西部の地名で,この一帯に落ちた火山灰と石灰を混ぜた

ものが古代のコンクリートといわれている。

火山灰と石灰を混ぜることで化学反応が起こり

自然界にはない強度をもった物質が生成され

そのコンクリート造りの建築物遺跡がまだ残されているというのです。

不思議なことに、このローマ時代のコンクリート技術は

5世紀のローマ帝国崩壊と共に

消えてしまったのだそうです。


コロッセオ(円形闘技場)の

下半分は丈夫な石作りで上部構造は軽くするためにレンガ造りになっていて

入り口近くの一階部分の壁や柱は巨大な石材でできている。

ところがコロッセオ内部に入ると、観客席はレンガ造りになっていて

壊れた壁の内部を見てみると、なんとそれはコンクリートなのだそうです。

ちゃんとアグリゲート(砂利)が混ぜてある、正真正銘のコンクリート

なのだそうです。å

ポンペイの遺跡の壁や建物などは全てこの

レンガ・コンクリートで当時では最も普及していた建築方法だったのではと。

 

そしてなんと、中国にも。

近年の調査で,中国・西安市の郊外にある大地湾遺跡から古代ローマのもの

によく似た約5,000年前のコンクリートが発掘された。

それも原形をほぼ留めた状態で,である。

この驚くべき耐久性の秘密は,炭酸化と呼ばれる化学反応に

あることが調査データの分析によって分かった。

 現代のコンクリートの寿命はおよそ100年。建設工事で用いられている

一般的なコンクリートは,地下水に長い間さらされると,表面からカルシウム

成分が溶け出し,劣化が進行すると言われている。

このため構造物のメンテナンスは欠かせない。

 しかし,中国で発掘されたコンクリートの多くは,炭酸カルシウムの働きで

 表面が大理石のように滑らかになり,水などによる内部の浸食を防いでいたという

・・・・・・・・そんな文章があり、驚きです。

 

そ、そして、なんと、Ӥä

あの、エジプトのピラミッドも

古代コンクリートで出来ている可能性があると。

以下ウィキペより・・・

ウクライナの科学者、Victor Glukhovsky(ビクトール・グルホフスキー)氏は、古代のセメント製造法を調べ、アルカリ活性剤を加えることを発見したと主張している。Glukhovsky氏の研究に影響を受けたフランス人の化学エンジニアJoseph Davidovits(ジョセフ・ダヴィドヴィッツ)氏は、古代セメントの結合構造であるジオポリマーの化学的構造を解明したとし、1980年代にエジプトのピラミッドが自然石を切り出したものではなく、ジオポリマー石灰石コンクリートの一種である人造石で造られたとする説を発表した。

ピラミッドの石切場で採取した石を砕き植物灰などと混ぜて古代セメント製のコンクリートブロックを作り、ピラミッドの石と成分などを比べて調べるという実験が、山口大学池田攻名誉教授によって行われたものである。番組中、池田教授は自然石では見られない石膏とカリウムがピラミッドの石に含まれていることや、古代コンクリートの可能性がなくはないことに言及した。

近年、古代コンクリートは徐々に見直されつつあり、日本でも鹿児島大学がシラスの有効活用のために研究をしている。

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 現代の方が必ず進んでいるという固定概念が吹き飛びました。

そういえば、オーパーツという言葉がありますが

どれも現代科学では考えられない信じられない物を指すようですが

エジプトのハトホル神殿遺跡の日も当たらない真っ暗な回廊を

奥に進むとそこの壁面に彫られたレリーフに

巨大な「ガス入り電球」にそっくりの照明器具をかかえた人間と

それを支える「高電圧絶縁器」と呼ばれるジェド柱、それに明かりの下で作業を

する人や、手を取り合ってなにやら儀式めいたことをしている二人の女性

の姿などが描かれた奇妙な壁画が、ほとんど無傷のまま残されている

のを思い出しました。

神話や昔話に真実が隠れているのかもしれませんね。

トロイの遺跡発掘もシュリーマンが神話を現実と思い

掘り起こしたのですものね。

 

 


 



line

comment

Secret

Re:古代コンクリートって!(05/24)  

その土地のものを何とかして生活に役立てようとする人間の挑戦がどこにでもあったと思います。こちらには珪藻土を生かした七輪が有名なところがあります。その土地はセメントの生産でも名が知られてます。

Re:古代コンクリートって!(05/24)  

そういえばプラハの有名なカレル橋・・
実は2年前に行ったときにも工事中・・今回はさぞやきれいになっていると思いきやまた工事中
なんでも使っている石がもう国内にないのだそうです。
それでも修復しないといけないから、長くかかっていると。
多分あと10年かかっても終わらないと・・・
石も地球の資源ですね。地元のものを使うのはよくてもなくなってしまっていいのかどうか?
物にはすべて限りがあるんですよね。

Re[1]:古代コンクリートって!(05/24)  

tirokuroさん
>その土地のものを何とかして生活に役立てようとする人間の挑戦がどこにでもあったと思います。こちらには珪藻土を生かした七輪が有名なところがあります。その土地はセメントの生産でも名が知られてます。
-----

珪藻土は今では住宅内の壁に重宝されていますね。
臭いや湿気を吸収するからとても良い商品だと。
我が家は漆喰になりました。珪藻土は高かったので諦めた商品。そちらが産地だったのですね。

Re[1]:古代コンクリートって!(05/24)  

ミーシャ1225さん
>そういえばプラハの有名なカレル橋・・
>実は2年前に行ったときにも工事中・・今回はさぞやきれいになっていると思いきやまた工事中
>なんでも使っている石がもう国内にないのだそうです。
>それでも修復しないといけないから、長くかかっていると。
>多分あと10年かかっても終わらないと・・・
>石も地球の資源ですね。地元のものを使うのはよくてもなくなってしまっていいのかどうか?
>物にはすべて限りがあるんですよね。
-----

使いすぎて材料が無くなり、技術が伝わらなかったんですね、きっと。ものには限りがありますね。石油もそのうち・・・・。

Re:古代コンクリートって!(05/24)  

すごいですね~
勉強させていただきました。
昨年の夏、初めてポンペイにいきましたが、
かの地で・・・そして以前行ったコロッセオも!

凄いですね~
驚きました。 貴重な知識ありがつございます。

Re[1]:古代コンクリートって!(05/24)  

きらら ♪さん
>すごいですね~
>勉強させていただきました。
>昨年の夏、初めてポンペイにいきましたが、
>かの地で・・・そして以前行ったコロッセオも!

>凄いですね~
>驚きました。 貴重な知識ありがつございます。
-----

そうでしたね、きららさんは去年!そちらにいかれましたね。どうやら成分は古代の勝ち!だって2000年もそのまま建っているんですから。今のセメントは50年経つと・・・。

line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。