スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

いろいろな薔薇

日の丸状態の薔薇の写真で~す。笑^^
↓ これはsallyさんから剪定枝を頂き、挿し木した薔薇、アルベルティーヌ。5メートルにはなるのですが、まだ1メートル。
IMAG2902.jpg

↓ これも1季のベルイシス 今年はちょっと不調で残念。農薬散布はやはり必須のようです。この秋以降のお手入れをさらに真面目にやりたいと思います。

IMAG2900.jpg

↓ ローズオブピカテイ この子は沢山咲いてくれました。

IMAG2899.jpg

↓ これは去年より元気なセントセシリア。その訳は、地植えしたからです。

IMAG2896.jpg

↓ リトルホワイトペット

IMAG2887.jpg

リトルホワイトペットは背丈がこんな風に小さいのですが、楽しみにしている薔薇です。 ↓

IMAG2888.jpg

↓ フレンチのマルチーヌギヨーです。

IMAG2873.jpg

これはとっても大きな木になりました。それもそのはず、ポタジェの中にいます。 ↓

IMAG2876.jpg

IMAG2875.jpg

IMAG2872.jpg

香りのあるし、強健だし、四季だし、頼もしい薔薇です。この横にテスを植えたのですが、なんと、根切り虫にやられて夭逝してしまいました。本当なら赤とピンクで競演するはずでした。  ↑

IMAG2859.jpg

↑ こちらはウィリアムロブ。モスローズです。  ↓  一度カミキリにやられ、ダメかと思ったのですが今はこんなに復活してとてもうれしい、楽しみにしている薔薇です。

IMAG2858.jpg

↓ こちらはニュードーン。 この子もカミキリの被害に合いながらも今年は元気でうれしいです。

IMAG2871.jpg

↓ さて、これはピエールドロンサール。もう、季節は終わりです。沢山咲いてくれたけれど、お疲れモードの様子。
IMAG2860.jpg

もう、薔薇の季節が終わりかけています。今年は農薬散布などももうちょっと頑張って冬の手入れをしっかりやってあげたいなと思うのでした。
というのも、5月半ばに、久しぶりに完璧な庭のオープンガーデンを拝見し、あっぱれ!お話を聞いたら、薔薇のプロの手が入っていたのですが、庭屋さんも入って農薬散布を沢山しているとのこと。
ずっと喘息が抜けなくて農薬散布は避けていましたが、まったくしないというのは、悲惨な事に。
ここ数年、黒点やらハダニやら、葉がダメになることが続いています。だから、花も少な目。
また、庭への意欲が出てきましたので、できることをやって行こうと思う、きっかけになりました。
その時のお写真がありますので、また、アップしたいと思います。



line

comment

Secret

NoTitle

農薬、2000円以上のマスクするといいですよ。
あれならきっと大丈夫
去年2500円だったのが今年3400円になっていたけれど、今年は交換する 部分だけ売ってくれているからそれをつけかえました。
カミキリ憎たらしいですね。どうにかしてこないよにしたいです。

NoTitle

農薬,しなくっちゃ病気になるでしょうし,考えるところですね。場所によって,品種によってその加減があるでしょうが,我庭は直ぐ近くに野菜を育てているので,木酢だけです。昨年の葡萄の葉はレース状態でした。今年は未だなってませんが袋をかけます。
Willam Lobb 立派ですね。もっともっと大きくしたいです。
line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。