スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

奥大井、寸又峡トレッキング

機関車トーマス

水、木と大井川上流、支流の寸又峡までトレッキングに出かけました。ゴールデンウィーク仕事だった娘とふたり。
↑ ここは。大井川鉄道の千頭という駅です。
大井川鉄道は蒸気機関車が大井川沿いを走ることで有名です。夏休みは機関車トーマスが日本で初めて走るそうです。上の機関車はヒロという機関車のようです。ここにトーマスも加わるそうです。お子様、お孫さまのいらっしゃる方はどうぞ~!楽しそうなイベントですね。
さて、この千頭駅からさらに、奥大井の支流、寸又川方面へ。浜松から三時間近くかかります。
東名高速なら東京ディズニーランドへ着いてしまう時間です。
クネクネと茶畑の広がる山間地。寸又峡近くでは対向車がいたら、どうしよう、という、狭さ。
なんとか、無事、付き、すぐ靴を履きかえてトレッキング。100分コースを歩いてみることにしました。
寸又峡 カモシカ

このオブジェのようにカモシカの生息地。それだけならいいけれど、熊さんも出るみたいで熊捕獲器も道路片隅に置いてあるという、南アルプス赤石岳の近くです。鈴を一応用意してリンリンと音を出しながらの歩きです。と、言っても道路は整備されていて安全な初心者向き。でも、トンネル前で奇声を聞き、ドッキリ。恐る恐るトンネル内を覗いたら、大学生らしき人たちの奇声だと分かり、そのまま進むことに。

寸又峡 散策

寸又川が眼下に見えてきました。 ↑

寸又峡 夢のつり橋遠景

夢のつり橋も見えてきました。
ここから階段を沢山降りてあのつり橋まで行くことになっています。

エメラルドグリーンの川

川の色は ↑ この色が近いです。
さて、このつり橋を渡るにあたって、先ほどの奇声をあげている大学生たちが橋をゆらゆら、ガタガタと遊びながらの歩き。
どうやら先生らしき男性も一緒の様子。この橋は10名までしか乗らないでとかいてあるのに、あんなにはしゃぎながらだと危ないのでは?とちょっとちょっと~って思っていたら、その学生たちの行動はまだ可愛いものだと思えるような、カップルが対岸から走ってきました。このつり橋を全力疾走です。ドスンドスンとつり橋に負担をかけて、疾走してきたと思えば、また戻り、戻ったと思ったらまた、こちらに走ってきました。呆れてしまって、こちら岸に着いたときに「もっと静かに渡りましょう!」と落ち着いた口調で注意しました。呆れたカップル。小学生なみのの大人。その後、私たちが静かに渡りきると、そこに大学生グループがまだ居ました。彼等も先ほどのカップルを見ていました。私たちはまたつり橋を戻る、先の階段を上るか、迷いましたが、橋を戻っても相当な階段です。どっちもどっちだね、と会話していたら、大学生グループが階段をどんどん登って行きました。でも、その、どっちもどっちだねという会話を大学生グループは自分たちと呆れたカップルもどっちもどっちだねと思ったようで、その後は静かに静かに行動するようになりました。苦笑。ちょっとそれをねらって言ったのも確かです。笑^^ 
夢のつり橋

その階段は350段くらい。ちょっと近頃体調が良いので、なんとか息が続き、登りきりました。感謝感謝。
以前は息切れが酷くてダメでしたから、階段が登れて幸せです。

飛竜橋

飛竜橋を渡りぐるっと一周100分コースを歩き、心地よい汗で気持ちも良いトレッキングになりました。
そして、翆紅苑という旅館に宿泊。  
http://www.suikoen.jp/
この寸又峡温泉は美人の湯というキャッチフレーズ。入浴すると肌がつるつる。アルカリ単純硫黄線。
とっても気に入りました。冷たい川根茶の飲み放題です。リフレッシュです。

夕食は炉辺焼きのヤマメ、山菜、牛肉、ぶたしゃぶ、山菜などの前菜から趣向を凝らしたお食事で、満足。
炉辺焼きの夕食

寝る前にも一度温泉を楽しみ、朝ももう一度温泉。
そして朝食。この後にフルーツも出てきて、朝から久しぶりにしっかり食べました。

朝食

でも、歩いたし、温泉にも入ってちょっと締まったような、痩せたような。新陳代謝がよくなったのだと思います。
温泉に入りながら、脹脛マッサージとかアキレスケン、つま先伸ばし、大腰筋など、いつもヨガで習っていたるような動きものんびりやったので、トレッキングの疲れは全くありませんでした。
夜半は雨の音で目が覚めるほど降りましたが、お会計を済ませ、外に出たら青空が。

5/15 雨が上がり

はやくも夏山のようです。
ああ、良かった、雨で前も見えないような細い山道は嫌だなと思っていたので、晴れてラッキー。
その後、また大井川沿いの山道を戻って下の町方面を行くと、気になっていたお店に。

薔薇の家のお菓子屋さん

どうやら、お菓子屋さんのようです。

薔薇

駐車場まわり、びっしりと薔薇の花。

薔薇

サファリ
 
サファリという薔薇だとの事。 オーナーの女性に声をかけると週一で消毒散布しているとのこと。さすがです。
ここには有名な和菓子がありました。御餅の皮の中に、こしあん。こしあんの中に生クリーム。観光バスのガイドさんから運転手さんまで降りてきて買って行きました。試しに買ったら、上品な味で美味しい。この店構えはお菓子作りにも通じる物があるのだなと、。
そして、正午には帰宅して、家の庭のお手入れ花ガラ摘み。そして、義父たちを花博に午後は連れてでました。
その写真はまた、次に。

ポタジェもスナップエンドウを夕方抜いて、最後の収穫をしました。
ジャガイモはまだ花がやっと咲き始めたところ。さて、空いたスペースは何を植えましょうか。
やる事は沢山あるのですが、金曜日は義母のお買いもの、母の病院送迎となにかと用事があるので、庭はちょっとづつ、手入れです。


line

comment

Secret

NoTitle

行ったことあります!!
秋だったけれど・・
お店だと週に1度の散布は必要になりますね。
毛虫がいたりアブラムシがついていては、きゃあ~ってことになるから
まさかテデトールなんてやっていられないしね。
美味しそうなお食事!!おでかけはいいですね。
こちら未だエンドウは花だけで実になりません

NoTitle

トーマスかと思いましたが、違うのですね。
それでも、スゴク楽しそうですね~~

そしてつり橋、こちらもスリル満点。
歩く所だけ板が張ってあって、その両横は すけすけなんですね。

薔薇も週一散布の甲斐あって
綺麗に咲いていますね~~

お菓子にそそられます。

NoTitle

今頃の山はいいですね。力強さを感じます。
ふざけている方たちといっしょだと,むっとしますが,そこは流石elmo さんですね。

お持ちの中にこしあん,漉し餡の中にクリーム,作ってみたくなりました。

ミーシャさま

寸又峡に行かれたことがあるんですね。日本一ひなびた温泉が売りだそうです。
何十年も前にキンキロウ事件っていうのがあって有名になりました。こどもだった私には怖い場所の一つでしたが、なんのその、いいところでした。山を越えると山梨ですね。泉質が良くてお肌つるつるでした。
お店ですからきっと消毒は必須ですね。見事なので、また行って、相方に見せてあげたいと思いました。
今日は暴風だったので、昨日、エンドウを処分したのは正解でした。

きらら ♪さま

トーマスだと思って書き始めたのですが、トーマスの顔とは違うことに気づいてヒロだと知りました。
つり橋は身幅くらいでしたが、若者にむっとしたまま歩いたせいか、怖さを感じず。苦笑
実は橋の上からも写真を撮りたかったのですが、反対側に待っている人がいるので足早に。
バラのお手入れは愛情の賜物ですね。自分の家の薔薇がきになりました。汗

tirokuroさま

新緑でこちらの気持ちも元気になりました。
カップルにむっとしたので、一言注意しましたが、今どきの人、変なことにならなくてよかったです。苦笑
娘が焦ってました。苦笑  でも、大学生チームの引率者らしき人、先生だと思うのですが、若者に迎合しているのか?注意しないのは残念でした。
このお菓子、食べてしまって写真がないですが、サイトを見ると分かりますので、観てみてください。
ぜひ、作ってみてください。
http://shizuoka.j47.jp/katokashiho/

NoTitle

新緑の中を約1時間半のトレッキング、ちょうどいいですね。
最近はガーデンめぐりのほうが疲れてしまって、あまり行かなくなりました。
ただ、自然の中を歩くだけって、なんて気持ちがいいんだろうって、
そう思いませんか?
最近の若者は私たち中高年よりもお行儀が良くって、偉いなあって
いつも思います。
こういうの聞くと、なんか可愛い。

もう、夏山ですね~
青空に白い雲、深い緑を見ると嬉しくてドキドキしちゃいます。

line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。