スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

106歳の声楽家 嘉納愛子さん

 

先日、NHK 生ける伝説きわめびと

という番組がありました。

朝、つけたままのテレビから

106歳の声楽家と聞こえてきて

「え?106歳?」

それで、聞き違いかとテレビに目をやりました。

そこには、とっても綺麗な嘉納愛子さんという方が映っていました。

先生嘉納愛子.jpg

ほんとうに106歳?

金さん銀さんとか、そういう100歳代の方しか見た事ないけど

どうみても、80代にも見える、美しい~!

でも、もっとびっくりはこの方の体内年齢は30代なのだそうです。

無理ない程度の体操を毎日欠かさないそうです。

以前に、毎日の日課がある人は元気で長生きだと聞いたけれど

生涯現役のお仕事があるのがいいのですね。

それにお腹から声を出すし。

番組の最後の方で見たので、最初から見たかったなと

とっても思います。

再放送があったら、いいなあと思います。

こんな年齢の重ね方なら、私も長生きしてもいいなと思ってしまう

きくち体操の菊池和子先生もお若い。

体操して血流良くするのは良いんですね。

 

:::::

 先日放送のためしてガッテン!

鼻炎の話。

まさしく、内容は鼻炎から鼻ポリープにっていう怖い話。

そして、白血球の仲間の好酸球が増殖して

アレルギー性鼻炎と気管支に炎症で喘息になる人が近代増えていると。

はあ、全くそれは私の病気です。

風邪と間違いやすいそうです。

それから、上顎の奥歯の虫歯は、副鼻腔に近いために

歯のばい菌が副鼻腔に移ってしまうとこがあるとも。

歯の治療も侮ってはいけませんね。

 

自分の体のメンテナンスは日頃から自分への気遣いですね。

 

 

 



line

comment

Secret

Re:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

声をおなかから出すっていいらしいですね。長くというより,元気でいたいです。ことしからインフルエンザの予防接種の券が・・・。ああ,インフルエンザにも気を付けなくっちゃ。

Re:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

お若いですね、美しく老いることができるって凄いことです。
ガッテンは見ました。
鼻腔に膿がたまったことがある私・・あの恐ろしい匂いとあの恐ろしい治療を思い出しました。
八重歯を抜いたら、まさに歯の根が鼻腔に入って居て、つまりは穴があいたのです。40度の熱がでるまで耳鼻科では抗生物質を出してくれなかったので死ぬところでした。
恐ろしい思い出です。

Re[1]:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

tirokuroさん
>声をおなかから出すっていいらしいですね。長くというより,元気でいたいです。ことしからインフルエンザの予防接種の券が・・・。ああ,インフルエンザにも気を付けなくっちゃ。
-----

詩吟なんかも声量が必要なので体にいいそうですね。
長くより、元気でいたいですね。自分の木の持ち方も大事だなと今回、さらに思いました。
バス券とかタクシー券だったら得した気もしますけどね。
でも、日本はしあわせだと思います。

Re:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

とてもそんなお年には見えないですね。
腹式呼吸で大きな深呼吸をするのがいいって聞いたことがありますが、
声楽家は、自然にそれができているのでしょうね。

老婆とは程遠いお洒落で素敵な女性…
目標には出来ないけど、少しでも近づけたら嬉しいわね。

きくち体操の菊池先生の講演会には行った事がありますよ。
DVDも買いましたが、元来ぐうたらな私には、なかなか実行ができないです(^^ゞ

Re[1]:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

Rilla-my-rillaさん
>とてもそんなお年には見えないですね。
>腹式呼吸で大きな深呼吸をするのがいいって聞いたことがありますが、
>声楽家は、自然にそれができているのでしょうね。

>老婆とは程遠いお洒落で素敵な女性…
>目標には出来ないけど、少しでも近づけたら嬉しいわね。

>きくち体操の菊池先生の講演会には行った事がありますよ。
>DVDも買いましたが、元来ぐうたらな私には、なかなか実行ができないです(^^ゞ
-----

ほんとうに、こういう人もいるんだという希望になります。気持ちは生涯現役でいられたら、長くなくても満足できそうです。
菊池先生の実践も素敵ですね。私も、なかなか習慣にできないので、こういう時、刺激されます。

Re[1]:106歳の声楽家 嘉納愛子さん(11/07)  

ミーシャ1225さん
>お若いですね、美しく老いることができるって凄いことです。
>ガッテンは見ました。
>鼻腔に膿がたまったことがある私・・あの恐ろしい匂いとあの恐ろしい治療を思い出しました。
>八重歯を抜いたら、まさに歯の根が鼻腔に入って居て、つまりは穴があいたのです。40度の熱がでるまで耳鼻科では抗生物質を出してくれなかったので死ぬところでした。
>恐ろしい思い出です。
-----

それは大変でした。今年、左上奥歯が腫れたので仕方なく歯医者に行ったら、虫歯でした。膿が口腔内に。治療したら肩こりがなくなりました。やはり、歯は芸能人だけではなく、わたしたちも命ですね。
美しく老いる、心が美しいのは晩年は表面にでるのでしょうね。長くなくてもいいけど、生涯現役が出来たら幸せです。
line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。