スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ドリームキャッチャー

 

elmoの作品.jpg

これは大人向けのドリームキャッチャー

ビーズを通してゴージャスなバージョン。

 

火曜日は恒例の中学生のドリームキャッチャーつくりを

お手伝いに行ってきました。

講師はAISYAさん。

IMAG1816.jpg

まず、インディアンの歴史や文化などお話しして

IMAG1819.jpg

セージの煙で浄化してから 自分の夢、願いを込めて

赤いテルテル坊主を作って行きます。

丸い枠に糸を蜘蛛の巣のように張っていきます。

出来上がったらこのネットに願の詰まった赤いテルテル坊主を縛り付けていきます。

IMAG1818.jpg

↑はインディアンの思想世界図

方角は7つある。

東西南北、父なる空、母なる大地、そして自分の胸の中。

春夏秋冬は誕生、青年、中年、老年に繋がり

朝、昼、夕、夜にもつながり

全てのものは繋がっているという。

HO!MITAKUYE OYASIN

ホ!ミタクエオヤシン

私たちはみんな繋がっている。

こんな考え方をしってからの作業ですから、中学生も

真面目に取り組んでくれました。

インディアンの太鼓に合わせて

歌を歌い。

そして、私らしいのですが、出来上がりの写真がありません。

形は一番上のドリームキャッチャと同じですが、シンプルです。

 みんな出来上がりは嬉しそうにしていました。

最後にはまだ、今現在、インディアン居留地というところで

差別と戦いながら生活している彼らの話

そういう事は日本でも起こりうることだったので

奴隷として売り買いされたりすることの無かった日本に

生まれた事など、いろいろに感謝しましょう。

そして、その差別する心は

それが大きくなると戦争にもつながるのですから

そんな思いに気づきましょう。

今日のインディアンのお話を頭の隅に置いておいて

ふと思い出したり、考えるきっかけにしてくださいねと結びました。

(沢山のいい夢をキャッチするお手伝いできたなら

私たちも嬉しい。)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

AISHAさんのお話はこんな内容だったと思います。

さてさて、近頃の中学生は手先が動かない子が年々多く

なっています。

コマ結びという、言葉を知らない。

(コマ結びして!と言ってもコマ結びって何?じぇじぇ)

人の世話はしない。

(早く理解して作業が終わってもまだ進んでいない子へ教えてあげない)

人に聞くこともしない。

(作業が進んでいないのに、教えてコールを出さないでただ

時間を過ぎるのを待っている)

そんな印象を受けました。

人との繋がりが嫌いなのか下手なのか。

以前のようなやんちゃな子も減りました。

今回一人だけ、とってもユニークな羽飾りの装飾をした子が

「このデザインどう?」って自慢げに見せてくれました。

こういう発想って大事だなと思いつつ

現象は二つに見える。

君のその発想はユニークな個性として伸ばすべき!ワシテ(インディアン語で良い)

もう一つは、君は決まった事が出来ない、レシピ通りにできていない。

きっと何事も二面性があって、どちらも真実だけど

捉える人の見る角度によって

違う事実になってしまうのでしょうね。

事実と真実は違うという面白い現象です。

いろいろ違ってそれでいい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



line

comment

Secret

Re:ドリームキャッチャー(06/25)  

毎年この生地がアップされるごとに,ドリームキャッチャーについて少しずつ学ばさせていただいてます。感謝です。
中学生がどんなドリームキャッチャーを作って,持ち帰ったのか,後日談だ聞きたいですね。担任から報告ありますか。

Re[1]:ドリームキャッチャー(06/25)  

tirokuroさん
>毎年この生地がアップされるごとに,ドリームキャッチャーについて少しずつ学ばさせていただいてます。感謝です。
>中学生がどんなドリームキャッチャーを作って,持ち帰ったのか,後日談だ聞きたいですね。担任から報告ありますか。
-----

もうすぐ、生徒さんたちの感想が届くと思います。
そしたら、アップしますね。
line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。