上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
日の丸状態の薔薇の写真で~す。笑^^
↓ これはsallyさんから剪定枝を頂き、挿し木した薔薇、アルベルティーヌ。5メートルにはなるのですが、まだ1メートル。
IMAG2902.jpg

↓ これも1季のベルイシス 今年はちょっと不調で残念。農薬散布はやはり必須のようです。この秋以降のお手入れをさらに真面目にやりたいと思います。

IMAG2900.jpg

↓ ローズオブピカテイ この子は沢山咲いてくれました。

IMAG2899.jpg

↓ これは去年より元気なセントセシリア。その訳は、地植えしたからです。

IMAG2896.jpg

↓ リトルホワイトペット

IMAG2887.jpg

リトルホワイトペットは背丈がこんな風に小さいのですが、楽しみにしている薔薇です。 ↓

IMAG2888.jpg

↓ フレンチのマルチーヌギヨーです。

IMAG2873.jpg

これはとっても大きな木になりました。それもそのはず、ポタジェの中にいます。 ↓

IMAG2876.jpg

IMAG2875.jpg

IMAG2872.jpg

香りのあるし、強健だし、四季だし、頼もしい薔薇です。この横にテスを植えたのですが、なんと、根切り虫にやられて夭逝してしまいました。本当なら赤とピンクで競演するはずでした。  ↑

IMAG2859.jpg

↑ こちらはウィリアムロブ。モスローズです。  ↓  一度カミキリにやられ、ダメかと思ったのですが今はこんなに復活してとてもうれしい、楽しみにしている薔薇です。

IMAG2858.jpg

↓ こちらはニュードーン。 この子もカミキリの被害に合いながらも今年は元気でうれしいです。

IMAG2871.jpg

↓ さて、これはピエールドロンサール。もう、季節は終わりです。沢山咲いてくれたけれど、お疲れモードの様子。
IMAG2860.jpg

もう、薔薇の季節が終わりかけています。今年は農薬散布などももうちょっと頑張って冬の手入れをしっかりやってあげたいなと思うのでした。
というのも、5月半ばに、久しぶりに完璧な庭のオープンガーデンを拝見し、あっぱれ!お話を聞いたら、薔薇のプロの手が入っていたのですが、庭屋さんも入って農薬散布を沢山しているとのこと。
ずっと喘息が抜けなくて農薬散布は避けていましたが、まったくしないというのは、悲惨な事に。
ここ数年、黒点やらハダニやら、葉がダメになることが続いています。だから、花も少な目。
また、庭への意欲が出てきましたので、できることをやって行こうと思う、きっかけになりました。
その時のお写真がありますので、また、アップしたいと思います。



スポンサーサイト
line
2014/05/26 クレマチス ジャックマニー 

いきなり、ピンボケの写真ですが、5/26のブドウ棚です。キングローズとジャックマニー、ブドウが競いあっています。
今年はデラの実付がとてもいいので、摘粒と消毒をして袋かけが大変そうです。でも、それだけ、根も張ってブドウが丈夫になってきたということでしょうから、今年は楽しみです。

IMAG2905.jpg

庭で最古のキングローズです。昔からある古い品種ですが、強健なのでお手入れフリーに近い薔薇です。
小さな花がこうして固まって咲くので華やかです。が、香りがほとんど無いのと、一季だというのが寂しい点です。

IMAG2904.jpg

そうそう、この背の高い薔薇。佐久のメアリーローズガーデンに出かけたときに持ち帰った子ですが、タグ違いだったので、正式名は・・・。香水の原料になる薔薇だったような。

IMAG2903.jpg

ザ・ジェネラスガードナーです。

IMAG2894.jpg

窓辺から見られるようにしてあります。今年は病気も少なく元気なのでうれしいです。

IMAG2851.jpg
IMAG2852.jpg

夕日に照らされた色も素敵です。香りもいいし、花型も大好き。
この子に匹敵する大好きだったモッティマーサックラーが去年、お星さまになってしまいました。
西の横綱。東の横綱的な存在だったので、今年はモッティマーサックラーの分まで頑張って綺麗に咲いていてくれるような気がします。

IMAG2862.jpg

今年、初めて実を結んだ葡萄、ピオーネです。
これもまた、袋かけ必須です。

↓ たった一つしか結実しなかった貴陽です。
IMAG2879.jpg

貴陽の為に一つの木に接ぎ木されたスモモ。 ↓
これはお高い接ぎ木の苗だったのですが、なんと、謳い文句と違って、同時に花が咲かないという結末。苦笑
でも、人工授粉のおかげで生ってます。この青い実をもうヒヨドリがかじりにきました。

IMAG2878.jpg

↓ こちらは桃。おどろき。ダメな実を摘果して、消毒して袋かけをしました。6個くらい実がついていますが、今年は台風にも耐えてくれるでしょうか。枝に一つという掟が守れず、いい実が並んで生っていると摘果できません。無袋にしてそのままのものが二個あります。こころを鬼にするべきでしょうか。

IMAG2877.jpg


このところ、事務仕事、義母たちの事、庭の事などでなにかと忙しい毎日です。
そうそう、題名のもう暑い・・・そうなんです、今日も室温も24度です。昨日は26度かな?全国的には30度だったところも。
半袖、靴下なしの生活になってきました。
でも、エルニーニョ現象で冷夏になるとの予測も。
まだ台風が来ていませんが、今年はどういう夏になるでしょうね。
先日、茶枝豆と生姜を植えてみました。トマトもきゅうりも茄子もだんだん大きくなってきました。ゴーヤも少しづつ伸びてきています。どんな結果になるでしょう、楽しみです。
が、去年みたいに暑すぎる夏は、外作業が嫌だなと、ちょっと思っている私です。苦笑


line
クレマチス クィーンエリザベス

クレマチス クィーンエリザベス、ポールズヒマラヤンムスクに絡んでいます。

アブラハムダービー

↑ アブラハムダービーです。 ↓と光が違うと雰囲気も変わります。
アブラハムダービー

アブラハムダービー

この種類はもっと大きくなると思うのですが、我が家の土、石ころだらけで素人では掘れないのです。
手掘りでは限界がある土地です。
太古に天竜川の川底だった場所という、今は台地になっている場所。
そこで本格的に機械で掘ってもらって土替えをすれば良かったのですが、薔薇の事をあまり知らないうちに
早く地植えしたくて、適当に植えた薔薇です。
だからか?あまり大きくなりませんが、強健で育てやすい一つです。
車の出入りする場所というのもあって、剪定もするのも原因の一つですが、きっと誘引で伸ばせばもっともっと
大きくなる子だと思います。

ポタジェですが、オクラを植えてみました。今年も島オクラ。そして、花オクラというのも植えてみました。
花を食べるのだそうです。
他にはきゅうり、茄子も、ゴーヤも。ミニトマトも。
この辺の農家さんは男爵芋を沢山作っていて、ハネのジャガイモを良くもらうので、今年は自分ではメークインを植えてあります。花芽がついて、咲き始めました。葉が黄色くなったら堀頃。さて、上手く出来ているでしょうか。
ポタジェの隅に、なんと、面白いものを発見。去年、ジャガイモのわき目を摘んだときにその芽を土に刺しておきました。
すると、なんと、そこから小さなジャガイモができていました。びっくり。
そして、食べる気がないほどの小さいのだったので、そのまま土に放置。すると、春になったらそこから元気な芽が出て葉が茂っています。もしかしたら、素揚げで食べられるくらいのジャガイモができているかもしれません。笑^^
去年、ブロッコリーの種が飛んで小さな芽が出て、苗に成長したので、植えてみましたが、どれもブロッコリーはできませんでした。これが、F1種というものかと、思いました。結局、青虫のごはんになって終わりました。
今日は隅に茶豆の種を植えてみました。枝豆にな~れ。


line
木曜日、浜名湖花博に行ってみました。
花博水路脇

綺麗にたくさんの花が植栽されています。こんな景色を見ながら、一番奥にあるモネの庭に水上バスで移動。

水上バス

時間があればゆっくり歩くといいのですが、奥大井から帰った日の午後に思い立ち出かけたので、船でショートカット。
この日は曇なので、花色は綺麗に見えると思ったのでした。でも、金曜日だと暴風だったので正解。暑くもなく、気持ちよく見ることができました。

紫ばら

紫系の庭

紫系のスプレーバラ

ジャーマンアイリスもいろいろな種類があって、見本市のようです。

ジャーマンアイリス

ジャーマンアイリス

イエロー系

モネの庭イエロー系

こちらも紫系

紫系植栽

ブルー系繊細で好きです。

ブルー系植栽

ホワイト系

ホワイト系

あちこちに見事な誘引のつる薔薇


つる薔薇

IMAG2818.jpg

IMAG2819.jpg

IMAG2820.jpg

↓ こちらはモネの睡蓮の池を模したもの。

モネの庭の睡蓮の池

思い立って行くのは、思い立ったが吉日というから、いいことだと、今日も思いました。
晴天だと人ごみで見れないでしょうし、ちょっと肌寒いくらいの天気だったので、熱中症も心配要らずでした。
花博はここで前にもあったのですが、今回は規模が小さいのですが、植栽が根付き、自然観があっていい感じです。当初は間に合わせで置いた木って感じでしたから。
帰路はゆっくり花を愛でて歩き、老人が一緒でも無理ない、疲れない散策コースをチョイスして良かったし、喜ばれました。


line
機関車トーマス

水、木と大井川上流、支流の寸又峡までトレッキングに出かけました。ゴールデンウィーク仕事だった娘とふたり。
↑ ここは。大井川鉄道の千頭という駅です。
大井川鉄道は蒸気機関車が大井川沿いを走ることで有名です。夏休みは機関車トーマスが日本で初めて走るそうです。上の機関車はヒロという機関車のようです。ここにトーマスも加わるそうです。お子様、お孫さまのいらっしゃる方はどうぞ~!楽しそうなイベントですね。
さて、この千頭駅からさらに、奥大井の支流、寸又川方面へ。浜松から三時間近くかかります。
東名高速なら東京ディズニーランドへ着いてしまう時間です。
クネクネと茶畑の広がる山間地。寸又峡近くでは対向車がいたら、どうしよう、という、狭さ。
なんとか、無事、付き、すぐ靴を履きかえてトレッキング。100分コースを歩いてみることにしました。
寸又峡 カモシカ

このオブジェのようにカモシカの生息地。それだけならいいけれど、熊さんも出るみたいで熊捕獲器も道路片隅に置いてあるという、南アルプス赤石岳の近くです。鈴を一応用意してリンリンと音を出しながらの歩きです。と、言っても道路は整備されていて安全な初心者向き。でも、トンネル前で奇声を聞き、ドッキリ。恐る恐るトンネル内を覗いたら、大学生らしき人たちの奇声だと分かり、そのまま進むことに。

寸又峡 散策

寸又川が眼下に見えてきました。 ↑

寸又峡 夢のつり橋遠景

夢のつり橋も見えてきました。
ここから階段を沢山降りてあのつり橋まで行くことになっています。

エメラルドグリーンの川

川の色は ↑ この色が近いです。
さて、このつり橋を渡るにあたって、先ほどの奇声をあげている大学生たちが橋をゆらゆら、ガタガタと遊びながらの歩き。
どうやら先生らしき男性も一緒の様子。この橋は10名までしか乗らないでとかいてあるのに、あんなにはしゃぎながらだと危ないのでは?とちょっとちょっと~って思っていたら、その学生たちの行動はまだ可愛いものだと思えるような、カップルが対岸から走ってきました。このつり橋を全力疾走です。ドスンドスンとつり橋に負担をかけて、疾走してきたと思えば、また戻り、戻ったと思ったらまた、こちらに走ってきました。呆れてしまって、こちら岸に着いたときに「もっと静かに渡りましょう!」と落ち着いた口調で注意しました。呆れたカップル。小学生なみのの大人。その後、私たちが静かに渡りきると、そこに大学生グループがまだ居ました。彼等も先ほどのカップルを見ていました。私たちはまたつり橋を戻る、先の階段を上るか、迷いましたが、橋を戻っても相当な階段です。どっちもどっちだね、と会話していたら、大学生グループが階段をどんどん登って行きました。でも、その、どっちもどっちだねという会話を大学生グループは自分たちと呆れたカップルもどっちもどっちだねと思ったようで、その後は静かに静かに行動するようになりました。苦笑。ちょっとそれをねらって言ったのも確かです。笑^^ 
夢のつり橋

その階段は350段くらい。ちょっと近頃体調が良いので、なんとか息が続き、登りきりました。感謝感謝。
以前は息切れが酷くてダメでしたから、階段が登れて幸せです。

飛竜橋

飛竜橋を渡りぐるっと一周100分コースを歩き、心地よい汗で気持ちも良いトレッキングになりました。
そして、翆紅苑という旅館に宿泊。  
http://www.suikoen.jp/
この寸又峡温泉は美人の湯というキャッチフレーズ。入浴すると肌がつるつる。アルカリ単純硫黄線。
とっても気に入りました。冷たい川根茶の飲み放題です。リフレッシュです。

夕食は炉辺焼きのヤマメ、山菜、牛肉、ぶたしゃぶ、山菜などの前菜から趣向を凝らしたお食事で、満足。
炉辺焼きの夕食

寝る前にも一度温泉を楽しみ、朝ももう一度温泉。
そして朝食。この後にフルーツも出てきて、朝から久しぶりにしっかり食べました。

朝食

でも、歩いたし、温泉にも入ってちょっと締まったような、痩せたような。新陳代謝がよくなったのだと思います。
温泉に入りながら、脹脛マッサージとかアキレスケン、つま先伸ばし、大腰筋など、いつもヨガで習っていたるような動きものんびりやったので、トレッキングの疲れは全くありませんでした。
夜半は雨の音で目が覚めるほど降りましたが、お会計を済ませ、外に出たら青空が。

5/15 雨が上がり

はやくも夏山のようです。
ああ、良かった、雨で前も見えないような細い山道は嫌だなと思っていたので、晴れてラッキー。
その後、また大井川沿いの山道を戻って下の町方面を行くと、気になっていたお店に。

薔薇の家のお菓子屋さん

どうやら、お菓子屋さんのようです。

薔薇

駐車場まわり、びっしりと薔薇の花。

薔薇

サファリ
 
サファリという薔薇だとの事。 オーナーの女性に声をかけると週一で消毒散布しているとのこと。さすがです。
ここには有名な和菓子がありました。御餅の皮の中に、こしあん。こしあんの中に生クリーム。観光バスのガイドさんから運転手さんまで降りてきて買って行きました。試しに買ったら、上品な味で美味しい。この店構えはお菓子作りにも通じる物があるのだなと、。
そして、正午には帰宅して、家の庭のお手入れ花ガラ摘み。そして、義父たちを花博に午後は連れてでました。
その写真はまた、次に。

ポタジェもスナップエンドウを夕方抜いて、最後の収穫をしました。
ジャガイモはまだ花がやっと咲き始めたところ。さて、空いたスペースは何を植えましょうか。
やる事は沢山あるのですが、金曜日は義母のお買いもの、母の病院送迎となにかと用事があるので、庭はちょっとづつ、手入れです。


line
日曜日は朝早起きして午後一時までずっと草取りを相方としました。
以前、あったら可愛いなと思って植えたアイビーなど、蔦類、そうそうプミラなど。
今では厄介者です。ちょっと知らないうちにあちこちに絡んでます。
プミラは小さな葉が可愛いのですが、伸びて木の幹にも張り付きます。樹勢が弱るので
剥がしてさようなら。できれば根絶させたいほどです。
アイビーも同じ。家の壁に這うのをゆるすと雨漏りの原因につながるとか。
そして、芝。またまた芝が花壇エリアに入り込み・・・・それらをちょっとでも残すと、またそこから広がります。
それらを根気よく二人で頑張って、午後一時に終了しました。
シャワーを浴びて・・・お昼は?
相方は体重が減ったし疲れすぎて食欲ないと。
私は野菜やこんにゃくの煮物を食べて終わり。
体を休めたものの、腰が痛いので、一時間2980円というマッサージ屋さんへ二人で行って
朝の疲労を揉み解してもらいました。
あとはお互いの母親に母の日のプレゼントを届け、また庭のあれこれをして、真っ暗な時間になりました。
日曜日の草取り作業中、「いつも綺麗な花を見せていただいてありがとう」の声が通りがかりの人から
掛けられて、疲れも飛びました。子供たちも挨拶して行きました。
さて、では、薔薇です。

アリスタステラグレイ


アリスタステラグレイ

アリスタステラグレイ

植えてからやっと大きくなってきて、アリスタステラグレイらしい雰囲気になってきました。

バロンジロードラン

バロンジロードラン

バロンジロードラン、枯れたかなと思ったら、また一枝復活して花を見せてくれました。
縁の白がかわいらしいです。

ところで、昨日の作業でゴミが庭だけで10袋。
今日は燃えるごみの日。家のゴミでいっぱいです。汗



line
今週は薔薇の開花ラッシュです。

アブラハムダービー

アブラハムダービー

アブラハムダービーが満開です。

アブラハムダービー

↑ 庭の外側からの写真。
昨日、庭の草取りを もくもくとしていたら、ここに車が止まり、誰だろう?何か用かな?と見ていると、カメラで写真を撮り出した女性。え?なんの挨拶もなく、写真をあの薔薇この薔薇と。知らない人ですが、家人がすぐここにいるのに無言とは・・・。撮ってはダメと言わないけど、家人が居たら普通、挨拶しないかな?こちらから挨拶するのも仕事の中断になるから面倒だなと見て見ぬふり。なのに、私の存在を無視して写真を撮る女性の無神経さに、やはりムッとしたのでした。苦笑。 こういう場合、何も思わず、写真を撮った女性の方が精神衛生上綺麗なバラをみて良いという、挨拶しないの?って思う私の方がムッとしただけ、血液が酸性に傾いて損ですね。笑^^

マダム アルフレッド キャリエール

↑ マダムアルフレッドキャリエールも一日で咲き進み、バラの季節は加速しています。

マダム アルフレッド キャリエール


。。。。。。。。。。。。

土曜日、SAllyさんと 赤毛のアンのいろいろな本を出している奥田実紀さんのお話を聞きながら、お茶タイムという催に出かけました。

赤毛のアン レシピ・ノート―L.M.モンゴメリの台所から赤毛のアン レシピ・ノート―L.M.モンゴメリの台所から
(2000/02)
L.M. モンゴメリ、ケリー クロフォード 他

商品詳細を見る


この本の翻訳者です。
他にも沢山本を出していますが、この内容の可愛さに惚れて、この本を買いました。
さて、話の内容は今、NHKの朝ドラの花子とアンの、村岡花子さんについてのお話でした。
赤毛のアンにちなんだ脚色内容の朝ドラですが、実際はキリスト教を布教活動していたお父さんと知り合ったお母さんは地域や親戚から考え方など浮いた存在だったので、花子さんが5歳の時には家族で東京へ移住していたとか。そんな話からこの赤毛のアンの翻訳に至るまでの人生の出来事などを教えていただきました。同席した方々の中にはプリンスエドワード島に旅行したことがある人がいたりと、話が脱線したり。この奥田さんもこの島に留学したことがあり、当時、モンゴメリーさんに合ったことがあるというご老人が居ましたと、などいろいろ聞くことができました。
6月には9日間のプリンスエドワード島への奥田さん、ツワーガイド付き旅行が企画されているとかで、538.000円也。
うわ~、無理無理。
でも、普通、行かない場所にも行くとか。でも、無理無理。高すぎる。カナダならもっと格安で行けそうだし、治安も良さげな気がします。そこまでお金を出すなら、北欧に行けそうです。
今、いろいろなアン関係の本が出ているようなので、本屋さんへ行きたくなりました。
村岡さんのお孫さんも本を出しています。


村岡花子と赤毛のアンの世界村岡花子と赤毛のアンの世界
(2013/03/22)
村岡 恵理

商品詳細を見る


東京都文京区弥生2丁目の弥生美術館では村岡花子と「赤毛のアン」の世界展が7/4~9/28まであるそうです。
また、2014年5月21日(水)→6月2日(月) 日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー にて赤毛のアン展があるそうです。
line
IMAG2634.jpg

IMAG2635.jpg


IMAG2636.jpg


IMAG2602.jpg


IMAG2638.jpg


IMAG2639.jpg


IMAG2643.jpg


IMAG2644.jpg

あっという間に連休も終わり、庭の花が様変わりしています。

連休にはこんなところに。
IMAG2652.jpg

この近くのお寺にも。
IMAG2660.jpg 京都ではないですよ。浅草にこんな世界があったんです。

三日は夏日で早くも熱中症になりそうなお天気でした。


IMAG2676.jpg

そして、4日はここを経由して帰路に。ドラマのロケ地ってこともあって、鎌倉はヒートスポットでした。
湘南海岸ドライブして無事、帰宅。今回は私の兄妹と母、姪、子供たちと交流でした。相方はバロンとお留守番でした。
地元は年に一度の祭りでいつも何らかのお手伝いがあるのですが、今回は無くて、ホッとしました。
そして、もう9日です。バラが咲き始めてます。庭のスナップエンドウも大収穫期です。アスパラも。


line
インターネットエクスプローラーの脆弱について、対策された方いますか?
Firefoxで今回、繋いでみました。
XP終了で買い替えアップの為の作戦では?という人も。でも、ほんとうにハッキングされて被害にあうのも嫌です。
もう、ず~~っと使わないほうがいいんでしょうか。
次はアップルにした方が良さそうですが、これも買って二年なので、そうもいかず。
これについて注意点ってあるのでしょうか?もし、ご存じの方がいらしたら、教えてください。


IMAG2647.jpg

敷地フェンスの外側に出たピンクの花。ヒメジオンです。草です。でも、可愛いです。
抜いても抜いてもこうして、毎年出てくるので、根負けしてます。

line
まとめ

line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。